スキンケア

ローヤルゼリーとプラセンタ、更年期にいいのはどっち?

本ローヤルゼリーとは女王蜂のための特別な蜂蜜を抽出したもので、女性ホルモンに似た成分を含んでいるため、美容効果が非常に高いのです。
そのため、食品としてだけではなく、美容液にも配合され、美肌効果を大いに促進してくれる成分として重宝されています。
一方プラセンタとは、ほ乳類の胎盤から採取された栄養素によって作られたエキスのことです。
豊富な栄養素の他に、プラセンタには細胞の成長に関わる成長因子が含まれており、体全体の細胞を活性化させる働きを補ってくれるため、健康促進や美肌効果を生み出してくれるのです。
女性ホルモンに似た成分を持つローヤルゼリーもそうですが、プラセンタにも更年期障害の改善効果があります。

でも、ローヤルゼリーとプラセンタのどっちが効果的なのだろう、という疑問を持たれる方もおられるでしょう。
このページでは、そんな疑問をお持ちの方のために、ローヤルゼリーとプラセンタの大まかな違いを講じます。

まず、ローヤルゼリーの主成分としてあげられるのが、デセン酸という特殊な成分が含まれているということです。
このデセン酸が、女性ホルモンであるエストロゲンと同等の効能を持っているため、美容効果があるのです。
プラセンタの特色は、上記のように成長因子を含んでいるということですが、この成長因子は、他の食品などでは摂取が難しい貴重な成分なのです。
細胞を活性化させる働きの他にも、ホルモンバランスを調整してくれる役割も持つので、更年期障害を緩和してくれるのです。
ローヤルゼリーもプラセンタも、それぞれ更年期障害に対して抜群の効果を発揮します。

しかし、好みであったり体質であったり、場合によってはどちらか一方がより効果的である場合があります。
最も効果的なのは、ローヤルゼリーとプラセンタを両方使うことですが、お値段が高くついてしまうため、経済的に負担がかかるおそれがあります。
ご購入を検討する際には、とりあえず好きな方を選んでみるのがいいでしょう。