スキンケア

ローヤルゼリーを選ぶときはデセン酸で比較

ローヤルゼリーには美肌成分にもなる豊富な栄養素の他に、デセン酸という成分が含まれています。
このデセン酸はローヤルゼリー酸とも呼ばれている、ローヤルゼリーのみにしか含まれない特別な成分です。
デセン酸の含有量によって、ローヤルゼリーの品質の良し悪しが決定されるので、より効果の期待できる高品質のローヤルゼリー製品には多くのデセン酸が含まれていると言えます。

そんなデセン酸には多くの優れた効能が含まれており、血圧の改善および血糖値を低下させる作用や、免疫力の上昇、癌の抑制効果など、健康を向上させる様々な効力があるのです。
女王蜂のためだけに作られるローヤルゼリーは、女性ホルモンの様な働きもします。
そのため、働き蜂と女王蜂を区別するためのR物質であるとも言われているほどです。
ホルモンバランスの助けとなってくれるため、更年期障害の改善などにも効果が期待できます。
美肌効果もあるため、ローヤルゼリーは肌荒れやニキビなどの改善にも繋がります。

ローヤルゼリーに最低限含まれているべきデセン酸の含有量は、公正競争規約にて基準が設けてあり、それをクリアした商品のみが販売を許可されています。
基準としては、調整ローヤルゼリーの場合には、100グラムに0.18%以上のデセン値が含まれている場合のみ許可されます。
また、生ローヤルゼリーは1.4%、乾燥ローヤルゼリーは3.5%と、商品の種類によって基準も異なってきます。
生ローヤルゼリーと調整ローヤルゼリーの確認も怠らないようにしましょう。 ローヤルゼリー製品を選ぶ際には、当然ながらデセン酸が多く含まれているものを購入するべきですが、中には合成デセン酸を用いて水増ししたものもあります。

そうした商品に騙されないためにも、原材料の確認はしっかりと行うことが大切です。
栄養の宝庫とも言えるデセン酸の研究は、現在も進んでおり、今後さらに様々な効能が発見されていくことが期待されています。
健康習慣のためには、日常的に食生活に取り入れることが大切と言えます。
また、美容液としての効果も抜群なので、食品以外のローヤルゼリー製品もチェックしておきましょう。