スキンケア

ローヤルゼリーに入ってるビタミンEって何?

ローヤルゼリーの主な成分といえば、美肌効果の元となるデセン酸ですが、その他にもアミノ酸やミネラル、ビタミンなど、健康を促進してくれる成分が豊富に含まれています。
また、ローヤルゼリーと共に摂取することで高い効果が得られる成分もあります。
そのひとつであるビタミンEは、抗酸化ビタミンとも呼ばれ、活性酸素を取り除く抗酸化作用を持っています。
活性酸素は日常生活を送る上で必ず体内生成される物質で、紫外線や食品添加物の影響で増えます。
活性酸素は体を守るために発生しますが、増えすぎると細胞を老朽化させる原因となり、様々な害をもたらします。

例えば、活性酸素から生じる過酸化脂質という物質は、血中コレステロールを付着させることで、動脈硬化の原因を生み出すのです。
そうした病害を抑制するために、抗酸化作用のあるビタミンEの摂取が大切なのです。
抗酸化作用だけでなく、ビタミンEには発がん物質の生成を抑制する働きもあります。
が、ビタミンEによる発がん性物質の抑制効果は、ビタミンCと協同しなければ働きません。
たとえビタミンEとビタミンCを同時に摂取しても、両者が協同し合わないので、効果が生じないのです。
ですが、ここでローヤルゼリーを摂ることで、ビタミンEとビタミンCを協同させることができるようになります。
ローヤルゼリーには、ビタミンB2が豊富に含まれており、このビタミンB2こそが、ビタミンEとビタミンCを協同させる働きをするのです。

ローヤルゼリーとビタミンEのふたつを一緒に摂るだけでも、抗酸化作用が高まりますが、そこにビタミンCを追加することで、発がん物質の生成を抑える効果も得られるようになるのです。
そのため、市販されているローヤルゼリーの中には、ビタミンEおよびビタミンCを配合しているものが並んでいるのです。
健康習慣のために、これからローヤルゼリーの購入をお考えの方は、ビタミンEとビタミンCが配合されているものを選ぶことをオススメします。